歯科における虫歯治療の進展

###Site Name###

通常の人が歯科に行くというときの多くは虫歯治療を目的とするものでしょう。

どうにも歯がしみるようになってしまったり、常に痛みが止まらない状況になったりしてしまうことになり、致し方なくなって歯科に向かうという人が大勢います。

その際には虫歯によって減ってしまった歯を補うために詰め物をすることになりますが、その治療方法も現代では多様化が進んできました。

以前はドリルで歯を削ってしまい、神経を除去してから詰め物をするというのが標準的でした。

しかし、削ってしまった歯はもとには戻らないということからより保存的に治療が行える場合にはそれを選択することが増えています。
痛みが伴っていない場合には神経を取り除く必要はなく、抗生物質で無菌状態にして詰め物をすれば十分という判断がとられるようになっています。これにより、虫歯治療では必ずしも大きく歯を削る必要がなくなっています。



また、用いられる詰め物も以前は銀歯と呼ばれるアマルガムが用いられるのが一般的でした。

金属製の詰め物は固くて耐久性も高く、保険適用で利用できることから安価であるというメリットがあります。

近年では同様に保険適用で利用できるプラスチック樹脂性の詰め物も利用できるようになっており、耐久性では金属製に劣るものの、自然の歯と同じような色の詰め物となるため美容の観点から優れたものとして歯科では汎用されるようになっています。



このように虫歯治療を一つとっても歯科は刻々と進展しています。

たとえば中目黒で矯正も行われています。

PAGE TOP