歯医者が選ぶ歯ブラシのポイントとは

バナー

歯医者が選ぶ歯ブラシのポイントとは

肉や野菜、魚といった食べ物の栄養を体内に取り入れるため歯の存在は必要不可欠です。


よく噛んで食事をすることは、生活習慣病やアレルギー性の疾患を防ぐことに繋がり長く健康で生き続けるための秘訣と言えるでしょう。


また咀嚼には太りにくい体作りをサポートしたり、シワやたるみを予防するといった美容面でも恩恵は大きいです。

よく噛んで食事をすることは大切であると、同時に食後のハミガキは欠かさないようにしなければなりません。
口内に食べかすや汚れが付着し続けると、虫歯や歯周病を引き起こしてしまうの注意が必要です。

人によって虫歯と歯周病の違いが分からないという意見がありますが、これらは発生する場所によって判別します。ミュータンス菌がなどが歯の組織を破壊する歯の病気が虫歯であり、一方で歯茎に問題が生じるものが歯周病だと言われます。
こうした疾患は進行すると、歯を失う恐れがあり大変危険なものです。

一般に人間の永久歯は一度抜け落ちると生えてこないので、大切に扱う必要があります。

近年では虫歯や歯周病が進行すると、身体の多くの箇所に異常を来すことが分かってきました。

胃や食道に炎症を起こしたり、顔の神経が麻痺をするなどが挙げられますが、心筋梗塞や脳梗塞といった最悪死に関わるものに発展することも反面しました。

こうした状態になって歯医者を初めとした医療機関のお世話にならない為にも、日々のブラッシングは必須です。
現在ではドラッグストアや薬局などでは、多くの種類の歯ブラシが販売されどれを選べば良いか分からないという人はいるでしょう。虫歯になりやすい人の歯医者が推奨するブラシ選びのポイントとは、まずは口の中の広い範囲にブラシが行き届くようにヘッドは小さいものを選択しましょう。


これによって前歯のみでなく、奥歯の届きにくい箇所まで汚れを除去できるます。

最近ではブラシの固さや形が異なるものが多々ありますが、一般に成人なら普通の硬さで毛先がまっすぐなものが一番汚れを落とすのに効果的です。

ブラシが固いと歯茎を傷つけたり、よく販売されてる山形のブラシは逆に歯にフィットせず磨き残しが増える場合もあるので歯医者の多くはあまりは推奨しません。

ちなみに歯周病が気になる人はブラシ選びは虫歯と異なり、毛先が細く柔らかい固さのものを選ぶと良いです。歯周病は歯茎が弱ってる可能性が高いので、歯茎に負担をかけずに効率よく食べかすを取り除くためにこれらのポイントは重要になります。
しかしこうした選び方を踏まえても、歯ブラシだけでは完全に口内環境が整うわけではありません。


効果的に汚れを取り除くためには、歯間ブラシや糸ようじといった補助用具を使用することが必須でしょう。また磨き方も誤れば、疾患を助長させる恐れがあるので注意がいります。

最近では歯磨きの指導を診療内容に取り入れてる歯科医院も存在するので、今の磨き方が不安に思うのならそれを活用しても良いでしょう。

http://news.mynavi.jp/articles/2015/07/10/insurance/
http://allabout.co.jp/gm/gc/442548/
http://okwave.jp/qa/q4404028.html